初めてのハワイ旅行記1【シェラトンワイキキのコーヒーの淹れ方】

アイキャッチ。ハワイの風景。 旅行

6/28~7/3の日程でハワイへ家族旅行に行ってきました。

宿泊先はシェラトンワイキキ。4泊6日の旅でした。

海外旅行は超初心者で英語も全然しゃべれませんが、家族みんなでのんびりと楽しんできましたよ。

いろいろ勉強になったこととか、事前に知っていたら良かったなーってこととかを書いていきたいと思います。

これからこれからハワイへ行こうと思っている方(特にシェラトンワイキキに泊まる予定の方)の参考になれば幸いです。

ハワイ旅行記-新千歳空港からホテルまで

今回はJTBのツアーで行きました。

チケットやホテルの手配は全部やってくれます。

出発午後8時→到着午前10時

飛行時間は7時間くらい。

空港につくとJTBの人が待っていていろいろ説明してくれます。

S-Yoko
S-Yoko

時差と疲労で眠すぎて、説明があまり頭に入りませんでしたが。

そのあと、アラモアナセンターというショッピングモール内にあるJTBの事務所みたいなところ(オリオリステーション?名前忘れた)に連れて行かれ、さらにハワイを説明を受けました。

説明が終了した時点でちょうど現地でお昼くらい。

そのままアラモアナセンターで買い物を楽しむという選択肢もありましたが、移動だけでヘトヘトになっていたのでとりあえずホテルへ向かうことに。

JTBが運営している無料バス(ワイキキ周辺を巡回している)に乗れるので、それでホテルへ向かいました。

途中で降りるところを間違えて、迷子になりかけながら歩くこと10分…

何とかホテルへたどり着きました。

チェックインは15時以降の予定でしたが、ダメもとでフロントへ行くとOKとのことで、13時半くらいには部屋に入ることが出来ました。

ハワイ旅行記- シェラトンワイキキホテルのプールについて

とりあえずホテルについて一息。

シェラトンワイキキはプールが最高!みたいな話を事前に聞いていたので、プールに行こう。

…と、思ったんだけど

S-Yoko
S-Yoko

えーっと、タオルって持って行った方がいいのかな…

S-Yoko
S-Yoko

部屋の鍵どうしよ…

S-Yoko
S-Yoko

てか普通にプール入っていいの?

プールのルールも全然わからず戸惑いっぱなし。

プールの概要と利用方法

とりあえずプールの概観はこんな感じ。

ホテルの人に聞いたり、プールの監視員さんに注意されたりしながら分かったことは以下の通り。

  • タオルはルームキーを提示すればプールサイドで無料レンタルできる。
  • ルームキー(カード)はフロントで預かってくれない。「we don’t keep. You keep. OK?」と言われた。
  • 部屋で水着になってプールへ直行で大丈夫。みんな水着でウロチョロしてる。
  • ①のプールは浮き輪OK。②、③のプールは浮き輪駄目。もちろんスライダーも浮き輪をつけたままだと滑れない。
  • ベストみたいなやつや腕に巻くタイプの浮き輪は全部のプールで使える。
  • チェアは無料のところは勝手に使える。空いてればだけど。
  • 有料のチェアもある。結構高い。
  • 日によるけど、夕方になると結構寒くなってくる。

手ぶらでぷらっと行って大丈夫。ルームキーだけは持ってなきゃいけないので、首からかけられるタイプの防水ケースなどがあると安心

まあ普通にタオルとかといっしょにそこらへんに置きっぱなしにしている人もいたけど。

ちなみに浮き輪は近所のABCマーケットとかで買えます。

インフィニティプールについて

ふつうのプールとは別に海を眺めながら入れる「インフィニティプール」というプールもあります。

実はこのプールには今回入っていません。

ここは大人用プールという位置づけのようで、16歳以下は入れないそうです

S-Yoko
S-Yoko

子供と一緒だと入れないっす…残念。

浮き輪関係について

浮き輪関係のルールがよく分かんなくて何度も注意されたので、以下にまとめ。

浮き輪に関してはみんなよく知らないみたいで、プールに行くたびに誰かが注意されていました。

ビーチについて

ビーチは浮き輪関係は全部自由(当たり前か)。

チェアやパラソルはビーチデスクみたいなところで有料でレンタルしてくれるけど、めちゃ高い。3時間で60ドルくらいするって言ってた。

ハワイ旅行記- お部屋のコーヒーの淹れ方が分からない

あと、部屋のコーヒーを飲もうと思ったら、コーヒーメーカーの使い方が全然分からない問題。

一応日本語の説明も用意されていましたが、「12オンスのカップ」が分からなくて混乱。水をどこに入れるのかもよく分からない…。

で、いろいろ試行錯誤した結果、こういうことでした。

一度理解したら簡単でした。

結構コーヒーが跳ねるので注意。油断するとメモ帳がダルメシアンになります。

S-Yoko
S-Yoko

コーヒーの味はまあまあ美味しかったです。

まとめ

事前にいろいろ準備はしていきましたが、行ってみたら分からないことだらけ。

コーヒーを入れるのに苦戦するとは思ってませんでした。

英語を話せればホテルの人に聞いたと思いますが、何て聞けばいいかも分からないし説明されたところで理解できる自信もなかったので聞けず…(悲)

まあでも、たまには全然慣れない環境に飛び込んでみるもの良いものです。

せっかく行ったので、あと何回かハワイの記事を書きたいと思います。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました